建築模型連発~その2~和食屋の店舗 外観模型

敷地決定の段階からアドバイスをさせてもらっている店舗併用住宅

■ 和食屋の店舗併用住宅 ■

建物のボリュームや駐車台数ボリュームをざっくりあたったり、店主=建主の要望等を聞くなど、コミュニケーションをとってきた。

食事は「和」であるが、モダンな雰囲気の建物を求めており、個人店舗であってもレストラン形式に近づけたいとの話。
しかし、それよりも難点なのが、今の店舗では40人以上の宴会に対応しており、「新店舗も同規模の宴会を考えたい」との理由から、レストラン←→宴会が切り替わる「設計時点の創意工夫」が問われるところ。。。(住宅も2階に載るので、建物のバランスも気をつけたい)

結局この模型から、またファザードが大きく変わることになるが、一晩寝ずに作成した模型写真をUPしようと思う。

RWM 遠景
実際のアイレベルはこんな感じに見える

RWM 南東 鳥瞰
南東からの表情が綺麗な建物

RWM 南鳥瞰
下屋部分が来店者が食事をする空間

敷地条件は、南・東・北の三方接道。県道より一つ入り込んだ敷地になる。
南側メイン道路が、50年以上も前から存在する住民の生活道路。今は綺麗に整備されている。
歩いての人通りはほぼ無く、「車」が南側道路を行きかう程度になる。
手前の壁は通行する車の視界を遮る役目と、内部空間へ外構を取り込む役目の境界壁として設置した。

また、店舗上部へ住宅を載せることになるが、天井高さや上階からのノイズ等を考慮すると、この形状になった。

このプランは一度要望をまとめたモノだが、玄関やアプローチ動線が、前面に対してアピールされていないことが理由で再度プランを計画中。。。

判っていたが、こうやって模型にすると明確!

しかし、前-駐車場台数5台、裏-駐車場台数10台・・・多くの利用者がアプローチするのは裏から・・・。そんな外部空間をどうやって演出するかも大切な要素。それが気になってショウガナイ

■敷地・建物情報
 -敷地 約190坪 -店舗面積 約50坪 -住宅部 約32坪

栃木県佐野市の建築設計事務所
一級建築士事務所 岳設計工房
 ←ホームページはこちらをクリックして下さい


関連記事

コメント

非公開コメント

プロフィール

Gaku

岳設計工房 代表 関口岳志です


-受賞暦-

第5回 佐野市水と緑と万葉のまち景観賞
岳設計工房

第2回 佐野市水と緑と万葉のまち景観賞
Tree Re-hair

第2回 さのし建築景観賞
Natural Healing 「凛」

ユーザータグ

新築 設計事務所 平屋 事務所 建築家 住宅 リフォーム 設計 見学会 オープンハウス 模型 デザイン 展覧会 店舗併用住宅 家具 建て方 現場監理 基礎 断熱 建具 美容室 大谷石 気密 打合せ プランニング 店舗 増築 景観賞 シロアリ 白蟻 改修 土台 地鎮祭 スリット 省エネ ステンレス サッシ  建築 店舗併用 地盤調査 階段  コンパクト 採掘 福祉 立抗 塗装 ドッグラン 植栽 板金 配置計画 屋根 防腐 ポワカッツィ 終の住まい 映画 本因坊丈和 吉村順三 住環境 違法 受験 一級建築士 カーテン 鳥居 写真コンテスト 現場監督 習慣 整理整頓 重森三玲 東福寺 工事写真 設計報酬 トラス 看板 外構 ドックヤード 設計士 建築士 設立 地耐力 誘導灯 LED 格子 ドイツ 無線  有機EL 床暖房 上棟式 屋根断熱 断熱材 架構 コンセント コンクリート 測量 トラブル 黄金比 耐震 外部空間 内部空間 設計料 金物 白銀比 樹木 設計専業建築士 悪徳業者 待合室 吹付け 長期優良住宅 森林 広告物 開口 レーザー クライアント ガラス  工場 表面波探査 小屋組 地下 機能 コンペ 新国立競技場 桐箪笥  高桐院 京都 タンス 画家 テーブルディスカッション 石澤久夫 レーモンド 目的 目標 さくら 散歩 地域 住民   カラーコーディネート 鉄骨階段 公園 まちづくり 省エネ鉄骨 プランニン TED 手段 手洗 ボウル 鉄骨 配管 漆喰 八相の庭 羽アリ 防水 雨じまい  外観 佐野市 補助金 経年劣化 アンカーボルト 道路 二世帯 ペット 断捨離 地盤改良 医院 シーリング 劣化 完成写真 施工不良 コーキング シート 防蟻 絵本 ボランティア JohnLennon ニューヨーク 読み聞かせ ようこそ先輩 素材 プロの仕事 講師 見学 同居 伏図 プレカット パース 軸組図 受賞 世帯 併用 空家問題 飲食店