省エネではなく、我慢の小エネ 

先月 性能についてはクライアントからは、大して要求が無いという話しをしたばかりだが → 寛ぎの数値化 格好良いの数値化

どうやら、日本人は、我慢の「小」エネをしている状況らしいことが、先日、南雄三氏のセミナーにおいて理解出来た。(省エネではなく、小エネ)
というのも、欧米各国と比べ暖房におけるエネルギー消費の割合が、とても小さい。
全室暖房は当たり前というが、それでも4~5倍の差がある。

各国の世帯当たり用途別エネルギー消費量の推移

環境白書・循環型社会白書2008より→ 3 用途の違いからみた家庭用エネルギー消費

家の中に結露が生じたり、ヒートショックが起こる日本の「我慢の生活」とは違う結果が見て取れる。

また、南氏は述べる・・・
「我慢の小エネ」により、温度差のある危険な生活をするのは知恵があるとは言えない、先ずは家を暖めて不健康を脱する温度(非暖房室でも10℃以上)での生活をすべき、だが日本の現状の住環境レベルでは、多くのエネルギーを消費してしまう。
それを抑制する為に、断熱化を図るという順序が日本では必要だと・・・。

かなり納得。しかし、これは家を建ててからでは遅い。

この様な現状を底上げする為に、国が住宅のレベルアップに動き出したということか・・・「改正省エネ基準が2020年義務化」になる。

栃木県佐野市の建築設計事務所
一級建築士事務所 岳設計工房
 ←ホームページはこちらをクリック



関連記事

コメント

非公開コメント

プロフィール

Gaku

一級建築士 関口岳志

一番大切にしていることは、密なコミュニケーションをとり企画・計画をまとめあげること。クライアントの望む建築は、そのような「対話」により成しえると信じております。

↓↓↓ 無料相談承っております ↓↓↓
注文住宅・新築住宅・家づくりのご相談

------------------------------------------

-受賞暦-

第10回 佐野市水と緑と万葉のまち景観賞
いせや呉服店

第8回 佐野市水と緑と万葉のまち景観賞
赤見町漆喰の家

第5回 佐野市水と緑と万葉のまち景観賞
岳設計工房

第2回 佐野市水と緑と万葉のまち景観賞
Tree Re-hair

第2回 さのし建築景観賞
Natural Healing 「凛」

ユーザータグ

新築 設計事務所 平屋 建築家 住宅 設計 事務所 デザイン リフォーム 見学会 展覧会 模型 オープンハウス 現場監理 店舗併用住宅 建て方 プランニング 断熱 家具 建築 基礎 建具 気密 店舗 美容室 大谷石 打合せ 地盤調査 地鎮祭 増築  白蟻 景観賞 シロアリ サッシ 改修 省エネ 土台 店舗併用 スリット コンパクト 板金 ステンレス 配置計画 ドッグラン 福祉 屋根 一級建築士 防腐 植栽 塗装 金物 防水 階段 スタッフ 二世帯 立抗 採掘  ボランティア 絵本 読み聞かせ LED 誘導灯 トラブル 有機EL  架構 設計専業建築士 断熱材 屋根断熱 上棟式 コンクリート 外部空間 カーテン 住環境 設立 トラス 地耐力 内部空間 吹付け 森林 耐震 コンセント 待合室 黄金比 工事写真 設計報酬 設計士 建築士 現場監督 写真コンテスト 重森三玲 東福寺 整理整頓 習慣 鳥居 吉村順三 外構 白銀比 樹木 格子 設計料 広告物 受験 違法 看板 床暖房 地下 表面波探査 小屋組 プランニン 漆喰 工場 ガラス 高桐院  桐箪笥 タンス 鉄骨 省エネ鉄骨 職人 タイル 家づくり 間取り 注文住宅 外壁 まちづくり 鉄骨階段 カラーコーディネート 地盤改良 京都 八相の庭 コーキング 施工不良 完成写真 ペット 劣化 シーリング 飲食店 医院 開口 断捨離 外観  空家問題 プロの仕事 展示会 羽アリ 軸組図 防蟻 雨じまい アンカーボルト 経年劣化 ドックヤード