カーテン

建築工事費用に含まれていない物で、見落としがちなのが「カーテン」です。

実施設計がまとまると、業者の見積になります。
その際に、お客様支給にするか?若しくは、内装工事に含むか?で、お客様に選択してもらうようにしております。
一般的な住宅では超概算で、カーテン関連にかかる金額は、1万円/坪 程度。
生活をスタートする準備金と捕らえ、先にストックしておかねばならない金額です。
(※坪計算値で、ここでも1万円上がるんですね。広告の坪いくら?って・・・・(笑))

さて、現在進行中の物件は、「お客様支給」
多少なりとも「コスト削減」になる(方向)なので、このように。


そんな状況下、お客様が量販店で事前にチョイスした「カーテン・ロールスクリーン仕様」をお店のスタッフと打合せしてきました。
何パターンか選び、その見積金額を確認してから、採用したいとのこと。

s-カーテン-2 み

s-カーテン-1 み


数日後、、、
バラバラに提出される見積書を、EXCELにてマトリックスを作成し、6パターンの合計金額をチェックしたところ。
「窓多め+ロールスクリーン仕様多め」の40坪の住宅で、40万~30万位との見積金額。
差額10万円って言ったら、最終見積金額の段階では、魅力的な金額ですよね。



しかし、注意しなければならない点

建築サイドでは
「カーテン・レース・ロールスクリーン・ブラインド・ローマンシェード…etc」その空間にあったコーディネートは事前に設計でまとめておきます。何故なら、最終的に綺麗に納まらないなどの問題が生じるからです…。

また、もっとも重要なこと。
そこに窓があるからカーテンをつける。…ではなく。
なんの為のカーテンなのか?を見定める必要があります。


窓から・・・

風を入れるのか?
光を入れるのか?
熱を入れにくくするのか? 逃げにくくするのか?
視線をカットするのか?
そもそも、、、カーテンが不要なのか?


そこには、プランの中心に「その空間の主たる目的」があります。
そこからシッカリ計画しましょうね。

ランキング登録しました!~応援クリックよろしくお願いします。
↓↓↓↓↓↓↓


更新情報がチェックできます 「いいね!」をよろしくお願い致します。
↓↓↓↓↓↓↓↓



住宅設計、商業建築設計
その他サービスに関するご質問は・・・


電話  0283-27-0306  受付時間/平日 10時~18時
関連記事

コメント

非公開コメント

プロフィール

Gaku

岳設計工房 代表 関口岳志です


-受賞暦-

第5回 佐野市水と緑と万葉のまち景観賞
岳設計工房

第2回 佐野市水と緑と万葉のまち景観賞
Tree Re-hair

第2回 さのし建築景観賞
Natural Healing 「凛」