1階を使いながら 2階に部屋をのせる増築工事はじまる

s-2014-03-29 1
工事着工に先立ち足場が組まれた 3/29の様子

設計着手して一年以上、進めてまいりましたプロジェクト
かとう整骨院様住宅部の増築工事が着工致しました。

1階部は医院になっており、開業しながらの工事になります。

そのため、施工計画まで考慮して設計計画を進めてきた物件です。
設計時に考慮した内容は改めて別のページにて紹介する予定です。
今回は、初日の解体工事の様子を掲載いたします。



増築工事の概要

既存部1階の屋根を取り、その2階に住宅を増築します。

増築工事の難所は、建築基準法や現場の状況確認など、越えるべきハードルが沢山ありました。
しかも、1階の医院への雨対策を考慮し、
安全で素早く既存屋根を取り、新しい屋根をのせる工事です。
計画当初から工事業者との打合せを繰り返し、まとめ上げてきました。


2日間で解体から屋根のルーフィングを施工するまでを完了出来たことは、
私の力だけではなく、須藤工務店様(佐野市白岩町)のご尽力なくては成し得ませんでした。

この場をお借りし感謝申し上げます。
ありがとうございました。



1日目~解体工事および作業床の施工

前日3/30は関東平野は荒れ模様で、この日を回避するために工事期間が2日間になってしまった今回の工事。
その幕開けの初日も、西風が強く吹く大変な日でした・・・。

s-2014-03-31 01 s-2014-03-31 02
コロニアル屋根を撤去し、ルーフィングと野地板の撤去

s-2014-03-31 03
下屋の桁梁が見えてくる

s-2014-03-31 04 s-2014-03-31 05
垂木を取り、束の撤去作業し、作業床の設置

既存梁桁の上に、新たな梁をまわし作業床を作る。
屋根をのせる事が先決です。
1階天井裏の調整を後回しにし、とりあえず剛床ベニヤを敷き込みます。

10年ほど前の建築物ですが、既存のボルトは殆どが緩んでいました。
同様に、1階天井裏に配線、配管関係を的確にまとめなおすという作業も・・・。

s-2014-03-31 06
初日は養生シートまでを行い完了

実は、設計事務所である私も、解体作業の助手?!として参加しました。
普段は、キーボードをたたき、マウスをこちょこちょいじる程度の運動です。
さすがに、この日は夜9時に就寝(笑)グッタリ

「苦労は買ってでもしないさい」と言いますが。。。
解体作業に関われる機会なんて稀です。
解体される様子を、五感で感じる位近い距離で経験できることは、やはり価値があります。
また・・・2日間という急ぎの工事で、作業者が苦労している様子を、腕を組み高みの見物というわけには行かないでしょう。(笑)

翌日は、2階の柱を建てるところから・・・。
次回の報告とさせていただきます。
次項はこちら→木質構造トラス採用~建て方開始

Facebookページを設けました。
更新情報がチェックできますので、是非 「いいね!」をよろしくお願い致します。
↓↓↓↓↓↓↓↓



リフォーム・増築工事に関するご相談は・・・
電話 0283-27-0306 受付時間/平日 10時~18時


ランキング登録しました!~応援クリックよろしくお願いします。
↓↓↓↓↓↓↓


関連記事

コメント

非公開コメント

プロフィール

Gaku

岳設計工房 代表 関口岳志です


-受賞暦-

第5回 佐野市水と緑と万葉のまち景観賞
岳設計工房

第2回 佐野市水と緑と万葉のまち景観賞
Tree Re-hair

第2回 さのし建築景観賞
Natural Healing 「凛」