高校生社会見学

高校生社会見学 141115
高校生が社会見学にいらっしゃいました。

どうやら将来の仕事に、デザインの道を模索している様子。
図面や模型、建築写真などを打合せテーブルにガチャガチャと広げ、会話すること一時間半。
あっという間の時間でしたが、上手く伝わったかな?ビックリすること沢山あったかな?

模型眺める-1 141115

私が現在に至るまでのことをお話しながら、デザインとアートの話をしたり、ビジネスの話をしたり・・・。

例えば、目の前にあるペットボトル一つを取り上げ、炭酸飲料とお茶飲料などの飲み口の違い。(違いをご存知でした?)
すべてのカタチは意味があって形成されて(考えられて)創られている事などなど・・・。

建築に限定することなく、身近な「モノ」の見方をシッカリと捉えられるようなヒントを伝えたつもり。


Tree模型 141115



【実物を見学】

そして、図面と模型をジックリ見た後、今回景観賞をいただいた「Tree Re-hair」を見学に。

Tree 141115


実物を見学して、設計の主旨とお店を形づくる事柄を、肌で感じてもらえたかな?
シャンプーコーナーを取り上げても、タオル収納の寸法から作業スペースとお客が横になった寸法と人の動線と・・・
それら要素から、この建物の幅が決まっている事や・・・。
カットされるお客の目線からの借景をコントロールしている事や・・・などなど。

目線カットのRC壁 → Instagram gaku_archi へ

そこにはただの建築物という器が存在しているのではなく、
設計の段階から人の行動を意図して計画し、機能させてる空間があることを体感してもらった。
中心には「人」があるということ。
人がそこで空間と影響しあう豊かな空間を設計で表現していること、感じてもらえたかな?



【将来のこと】

世の中の流行、傾向、それらを吟味することも必要かもしれない。
しかし何れにしても、幸せと思える世界に身を投じたほうが良いと思う。
それは、自らが選択したものだし、覚悟も必要であって、困難に打ち勝ちやり続けるには、その潜在的な能力を自身で感じるしかない。
その選択の連続こそが、自信につながっていくことだからね。

何の為に、何故それを選択するのか?を自分自身で納得するまで考えることだと思う。


こんなことを綴っている内に、
私がこの進路をイメージしていた中学生の頃に想いを馳せていた。

参考までに、振り返り書き留めていくと、幼少期の生活環境から受けた影響が多いことに気がつく。
とても長文になってしまった。
私を形づくる要素が垣間見れてしまい、恥ずかしい感じもするが・・・いつか話せる時にでも。。。

応援クリック いつもありがとうございます
↓↓↓↓↓↓↓


FC2Blog Ranking



更新情報がチェックできます 「いいね!」をよろしくお願い致します。
↓↓↓↓↓↓↓↓

関連記事

コメント

非公開コメント

プロフィール

Gaku

岳設計工房 代表 関口岳志です


-受賞暦-

第5回 佐野市水と緑と万葉のまち景観賞
岳設計工房

第2回 佐野市水と緑と万葉のまち景観賞
Tree Re-hair

第2回 さのし建築景観賞
Natural Healing 「凛」