伊東豊雄 ~私と震災 (産経新聞)

震災以降の伊藤豊雄さんの言葉が、特に身に染み入る。

建築家の立場から問題を投げかけるより寧ろ住民に耳を傾け、その中から問題や課題を摘出しようとする姿勢が痛いほど感じられて、尚一層好きになった。

160309 産経新聞 建築家 伊東豊雄s

建築を志し、建築を通して社会に貢献しようと、日々励んできた。

あの震災は、私たちの価値観をも変化させて、一番大切にすべきことを教えてくれたと思う。

並行して、建築の「本質」を多くの人(メディア)が語っていくことは、すごく大事。


「頑張って新しいまちをつくるぞという意気込みしぼんできた」 
建築家・伊東豊雄さん 均質化への懸念も現実に
 産経ニュース
情報が上がっておりました。


 応援クリック! いつもありがとうございます


住宅設計、商業建築設計
その他サービスに関するご質問は・・・
電話 0283-27-0306

関連記事

コメント

非公開コメント

プロフィール

Gaku

岳設計工房 代表 関口岳志です


-受賞暦-

第5回 佐野市水と緑と万葉のまち景観賞
岳設計工房

第2回 佐野市水と緑と万葉のまち景観賞
Tree Re-hair

第2回 さのし建築景観賞
Natural Healing 「凛」