手描き図面~石塚町の住まい

【線を引く】
線を引くことは楽しい。
特に原寸(1/1)で描くことはサイズをダイレクトに感じる事が出来るので、「手が触れる箇所」の設計には手を動かし「線」を引きたいと思っている。現場が進むにつれて現場状況を採寸し、鉄骨階段から繋がる”手摺”の納まりを調整するため作図してみた。
CADではパーツをペタペタ貼る様な作図方法に慣れて来ているが、たまにはいい運動(ストレッチ)になりそうだ。寧ろ、楽しさのあまり時間を忘れ、集中して線を引く自分に気がつく。

190311 detail

【製図との出会い】
中学生の技術家庭の時間に初めて習った「製図」の時間。
卓上用本棚を製作する課題だった。
デザインを決め、製図を引き、与えられた限られた材料で、自らノコギリ、カンナ、カナヅチ、を使い作り上げた時の楽しかった事。
33年前に制作した卓上用本棚は、今でも現役。

170928 Book-2

170928 Book-3

底板を角度をつけて浮かせている。中央の仕切りは側板とラインを揃える形。
どんな思いでこの形状を考え出したのかは正確には忘れてしまったけど、角度をつけることで取りやすく?とか?いや・・・単純にとんがったデザインにしたかったのか? まぁ、面白いと思っていただければ(笑)
170928 Book-1

今では、一級建築士として大きなスケールの建築設計を生業としているが、実は「プロダクトデザイン」をやりたいとも考えていた高校時代。当時は直感に頼り、カッコイイと感じるままカタチを考えていたけれども、物や空間のデザインは人間を中心に据えた設計計画がとても重要であり、このことに気が付くのはずっと後。

このような、人間に寄り添って作用する「家具」や「備品」などの小さいモノをデザインしていると、幸福感を感じてしまうのはなぜだろう。多くの建築家が「照明」や「椅子」をデザインし出すのも、そんな人間に近いところを丁寧に「カタチづくりたい」との想いからなのだろうか。
…いつか私も「椅子」をデザインしてみたい。 

【石塚町の住まい】 はこちらへ➡  ●佐野市 石塚町の住まい ブログ記事リスト
岳設計工房のホームページはこちらへ➡  岳設計工房

関連記事

プロフィール

Gaku

一級建築士 関口岳志

一番大切にしていることは、密なコミュニケーションをとり企画・計画をまとめあげること。クライアントの望む建築は、そのような「対話」により成しえると信じております。


-受賞暦-

第5回 佐野市水と緑と万葉のまち景観賞
岳設計工房

第2回 佐野市水と緑と万葉のまち景観賞
Tree Re-hair

第2回 さのし建築景観賞
Natural Healing 「凛」

ユーザータグ

新築 設計事務所 平屋 事務所 建築家 住宅 設計 リフォーム 見学会 デザイン オープンハウス 模型 現場監理 展覧会 店舗併用住宅 建て方 家具 基礎 断熱 気密 美容室 プランニング 建築 建具 店舗 大谷石 打合せ シロアリ 白蟻  サッシ 景観賞 増築 スリット 土台 板金 改修 地盤調査 店舗併用 地鎮祭 コンパクト 省エネ ステンレス 福祉 ドッグラン  絵本 読み聞かせ 配置計画 立抗 塗装 植栽 金物 屋根 階段 ボランティア 採掘 防水 防腐 架構 断熱材 雨じまい 防蟻 カラーコーディネート コンセント  格子 床暖房 屋根断熱 上棟式  有機EL LED 誘導灯 省エネ鉄骨 コンクリート 樹木 鉄骨階段 まちづくり 鉄骨 白銀比 現場監督 工事写真 アンカーボルト 設計報酬 写真コンテスト 習慣 地盤改良 重森三玲 東福寺 整理整頓 設計士 建築士 看板 広告物 設計料 黄金比 違法 受験 鳥居 吉村順三 一級建築士 トラブル 設計専業建築士  高桐院 京都 八相の庭 外壁 ドックヤード 設立 桐箪笥 トラス 外構 施工不良 羽アリ 空家問題 軸組図 医院 開口 シーリング 劣化 プロの仕事 コーキング 飲食店 住環境 完成写真 小屋組 地下 経年劣化 耐震 森林 吹付け 漆喰 プランニン 待合室 外部空間 内部空間 カーテン 二世帯 タンス ペット ガラス 工場 地耐力 外観 表面波探査 断捨離