地盤改良工事~囲庭の平屋住宅

「地盤改良工事」

深度2.0m付近まで20KN/㎡未満の軟弱層…などなど、地盤状態は不安定で軟弱層部の不規則的圧密の進行が予想される為、基礎補強対策の検討 が必要と判断されたこの敷地

セメント系固化材を用いた深層混合処理工法 を採用し改良工事を行いました。

190606 kairyo-2

独立してから15年
悪い地盤を引き当てたことななく、いつも良好な地盤に建築をしておりましたが、今回、初!


190606 kairyo-4

190606 kairyo-3

東京の設計事務所時代には、構造設計課にいたので、多様な杭工事をみてきました。

当時、このセメント系固化材の工法は、RC分譲マンション物件の液状化対策で・・・「液状化しない層まで擁壁をする」方法を採用したり、確か、地下階の地下水対策として、仮設用に山留として採用していた記憶があります。
地下空間を掘り下げていくと、この半円形の列柱が現れてきて、スコップでガリガリやってもとても固く、びくともしなかったのを覚えております。(懐かしい)


190606 kairyo-1


さて、今回のこの改良工事。

平屋住宅で、屋根も軽くて、平面形状もコの字型で、接地圧としては十分に耐えられるだろうと思っておりましたが、まぁそんな希望は儚くも破れました。設計当初、周囲の古い住宅も問題なさそうだし、改良工事不要かな?とか、余計な出費じゃないか?のような気持ちがちょっぴりありましたが、工事の様子をみて安堵しました。

やはり、緩い地盤はゆるい(汗)

そういえば、東日本大震災後、栃木県東部の町に被災家屋の調査に出向きましたが、傾きが生じていた住宅の多くは、地盤の不良によるものだったな。(恐) → 「被災家屋の調査」 

【囲庭の平屋住宅】 はこちらへ➡  ●囲庭の平屋住宅 ブログ記事リスト

岳設計工房のホームページはこちらへ➡  岳設計工房

関連記事

プロフィール

Gaku

一級建築士 関口岳志

一番大切にしていることは、密なコミュニケーションをとり企画・計画をまとめあげること。クライアントの望む建築は、そのような「対話」により成しえると信じております。

↓↓↓ 無料相談承っております ↓↓↓
注文住宅・新築住宅・家づくりのご相談

------------------------------------------

-受賞暦-

第10回 佐野市水と緑と万葉のまち景観賞
いせや呉服店

第8回 佐野市水と緑と万葉のまち景観賞
赤見町漆喰の家

第5回 佐野市水と緑と万葉のまち景観賞
岳設計工房

第2回 佐野市水と緑と万葉のまち景観賞
Tree Re-hair

第2回 さのし建築景観賞
Natural Healing 「凛」

ユーザータグ

新築 設計事務所 平屋 建築家 住宅 設計 事務所 デザイン リフォーム 見学会 展覧会 模型 オープンハウス 現場監理 店舗併用住宅 建て方 プランニング 断熱 家具 建築 基礎 建具 気密 店舗 美容室 大谷石 打合せ 地盤調査 地鎮祭 増築  白蟻 景観賞 シロアリ サッシ 改修 省エネ 土台 店舗併用 スリット コンパクト 板金 ステンレス 配置計画 ドッグラン 福祉 屋根 一級建築士 防腐 植栽 塗装 金物 防水 階段 スタッフ 二世帯 立抗 採掘  ボランティア 絵本 読み聞かせ LED 誘導灯 トラブル 有機EL  架構 設計専業建築士 断熱材 屋根断熱 上棟式 コンクリート 外部空間 カーテン 住環境 設立 トラス 地耐力 内部空間 吹付け 森林 耐震 コンセント 待合室 黄金比 工事写真 設計報酬 設計士 建築士 現場監督 写真コンテスト 重森三玲 東福寺 整理整頓 習慣 鳥居 吉村順三 外構 白銀比 樹木 格子 設計料 広告物 受験 違法 看板 床暖房 地下 表面波探査 小屋組 プランニン 漆喰 工場 ガラス 高桐院  桐箪笥 タンス 鉄骨 省エネ鉄骨 職人 タイル 家づくり 間取り 注文住宅 外壁 まちづくり 鉄骨階段 カラーコーディネート 地盤改良 京都 八相の庭 コーキング 施工不良 完成写真 ペット 劣化 シーリング 飲食店 医院 開口 断捨離 外観  空家問題 プロの仕事 展示会 羽アリ 軸組図 防蟻 雨じまい アンカーボルト 経年劣化 ドックヤード