●上石塚公民館改築工事 記事リスト


➡ 解体工事 (再利用)
➡ 地鎮祭

※随時更新中


上石塚公民館 計画模型

kamiishi-model02.jpg


上石塚公民館

昭和34年竣工の公民館が老朽化や利便性改善のため、改築されます。
解体される旧公民館は、増築を繰り返しトイレは汲み取り式、外部建具もがたつき、一部の床は抜け落ちそうな状態になっておりました。

町会長さんをはじめとする御三役、そして建設委員会、長老会の皆さんのご意見・ご意思を取りまとめつつ、建て替え計画をまとめ上げました。



◆外観、佇まい
旧公民館の形態を大きく変えず、町に開かれた施設を目指し計画いたしました。
外観は大きくゆったりとした屋根に、お祭りなどの屋外活動にも利用される豊かな軒下空間が特徴です。また、公民館の敷地にはバス停があり、利用者がバスを待つ軒下空間も兼ねております。

kamiishi-model03.jpg


◆耐久性を高く
「100年を超える耐久性を考えて欲しい」そのようなご要望を「コスト・面積・利便性」などを考慮しつつ、設計デザインしています。
外壁は100年先までも変わらない工法(ラス軽量モルタル+吹付塗装)で仕上げたり、劣化する箇所(床材・建具)は将来的にも代謝しやすいような納まりや素材を選択することで、維持しやすいよう考慮いたしました。軒の出も800程度を確保することで、風雨による劣化も抑えられるよう配慮しています。

kamiishi-model04.jpg


◆構造の検討
「鉄骨造が良いか?木造が良いか?」
大空間と耐震性能、コストの関係、地場建設業界の得意とする工法などを総合的に考慮し、木造軸組み工法に屋根部はトラス構造を採用して計画しています。

kamiishi-model06.jpg


◆内部空間
今よりも多い50人が会議出来る空間、イベントにも使いやすいように、そして卓球なども出来るように天井は高めに。敷地の制約(境界線や道路斜線)をギリギリまで攻めながら、町会の活動用などの収納スペースを随所に設けております。

kamiishi-model05.jpg


◆思い出の継承
この地域を支えてきた公民館へ感謝をし、その建物の思い出をつなぐ為に、欄間の木板やガラスを再利用しています。天井を見上げた時にそこにあった特徴的な木板、入り口木建具に組み込むことで他にない愛着のある建具となる予定です。




岳設計工房のホームページはこちらへ➡  岳設計工房
家づくりのご相談は専用ページへどうぞ➡  岳設計工房 無料相談会

関連記事

コメント

非公開コメント

プロフィール

Gaku

一級建築士 関口岳志

一番大切にしていることは、密なコミュニケーションをとり企画・計画をまとめあげること。クライアントの望む建築は、そのような「対話」により成しえると信じております。

↓↓↓ 無料相談承っております ↓↓↓
注文住宅・新築住宅・家づくりのご相談

------------------------------------------

-受賞暦-

第5回 佐野市水と緑と万葉のまち景観賞
岳設計工房

第2回 佐野市水と緑と万葉のまち景観賞
Tree Re-hair

第2回 さのし建築景観賞
Natural Healing 「凛」

ユーザータグ

新築 設計事務所 平屋 建築家 住宅 事務所 設計 デザイン リフォーム 見学会 模型 オープンハウス 展覧会 現場監理 建て方 家具 店舗併用住宅 断熱 建築 プランニング 建具 基礎 店舗 美容室 気密 打合せ 大谷石 地盤調査 シロアリ 増築 景観賞 白蟻 地鎮祭  サッシ 店舗併用 改修 省エネ 土台 スリット コンパクト 板金 ステンレス 読み聞かせ ドッグラン 福祉 防腐 屋根 階段  立抗 塗装 二世帯 配置計画 防水 金物 一級建築士 採掘 絵本 ボランティア 植栽 カラーコーディネート トラブル 地盤改良 設計専業建築士 外壁 断熱材 LED 有機EL コンクリート 誘導灯 屋根断熱 上棟式  コンセント 設計報酬 工事写真 設計士 建築士 鳥居 現場監督 写真コンテスト 重森三玲 職人 東福寺 整理整頓 習慣 吉村順三 受験 格子 樹木 床暖房 待合室 注文住宅 白銀比 黄金比 違法 看板 広告物 設計料 架構 カーテン  表面波探査 雨じまい アンカーボルト 経年劣化 外観 ペット 劣化 コーキング 施工不良 完成写真 工場 防蟻 高桐院  桐箪笥 タンス 京都 八相の庭 軸組図 空家問題 プロの仕事 羽アリ シーリング 断捨離 地耐力 内部空間 鉄骨 漆喰 ガラス 外部空間 耐震 森林 鉄骨階段 まちづくり 省エネ鉄骨 プランニン 住環境 地下 飲食店 医院 開口 小屋組 タイル 設立 トラス 外構 ドックヤード 吹付け